FC2ブログ
福島在住の鉄ヲタ の日記
私の日記です。 もとる際は左下のリンクからお願いします。
flash bombを見た感想 通常版
オープニングFlashは先日書いたので割愛


<<第一部>>
153回帰さん emdcr

 アメリカンテイストのPOPなPVでした。なんとなく反戦メッセージが盛り込まれていて・・・。

エジエレキさん ウサベツカウンターストップ
 RPG風の息をつかせぬすごい勢いの作品でした。

伊織さん アスペクル
 伊織ワールド全開ですな。
 破れた女性の顔の白黒写真と、そこに極彩色で塗られる線とが神秘的に絡み合い、えも言われぬ雰囲気。

so-shiさん VB
 私はヲタなので声を大にして言いたい。
 「オタアニメ 最高ー」
 戦う美少女に萌え萌えでした。またしっかりと、リアルに人物が動くアニメーションを作っていると感心しました。
 実は、私も最初メイドさん・・・(ちょっとだけイ●ファに衣装が似てるかも)・・・と思いましたが、実はナースだったんですね。
 ちなみに壇上に上がられたso-shiさん本人にも萌えてしまったのはここだけの秘密で・・・。


<<第二部>>
FROGMANさん 山陰国捕り物語

 もう馬鹿馬鹿しくて笑いっぱなし。

 鳥取県って特急スーパーはくと号で行く所で、島根県って特急スーパーやくも号で行く所ですよね。でも米子(特急スーパーやくも号の沿線)が島取県なのか鳥根県なのか時々わからなくなる罠。
 (この文章にはわざと誤字がふくまれています。)

nnmさん なぜなにどうぶつらんど
 もうね、笑いっぱなしでほっぺたが痛かったです。
 テレビを時々ちゃんねるを変えながら見ている感じでしたが、チャンネルが切り替わるたびに大爆笑の渦。

TNT 改め 森井ケンシロウさん 夢オチ 今回はいつものラフな絵ではなく、写真(しかも本人の)をトレースした物を動かす試みをしています。まあ、あんな状況になったら怖いだろうな・・・。

ぴろぴとさん dove ぴろぴと節全開(w
 いつものようにだんだん見ている人が怖くなっていく作品でした。

穴清水さん 異形花魁華屋敷
 また去年の紅白に続き「異形」ネタですか・・・。
 また小さいお子様には見せづらい作品でした。
 内容的には、人間の心の奥にあるドス黒い部分を表現すると言うかなんというか・・・いろいろ考えさせられる作品です。


<<第三部>> 
2501さん アバンテッドカラーペンシルズ

 爽快感があるPVでした。
 本来なら第1部で上映するはずが、完成が遅れてここでの発表となったとのこと。

梅四さん ウメヨン ザ ムービー
 POPなキャラがスクリーンを駆け巡る。
 なるほど、韓国ではこんなのがはやっているんだ と思った。

てのりさん 廃墟の傭兵
 手の凝って躍動感のあるアニメでした。
 残念だったのは、声が聞き取りにくかったこと。

宵一さん 曼珠沙華
 ちょうど彼岸の中日なので、彼岸花ネタで・・・(本当かな?)
 で、漢字がわからなかったので検索かけてたら彼岸花の別名見て愕然
 渋くてで日本的なアニメに、深い意味が秘められていたとは・・・。

流星星野さん Twincle 取れないマスク
 いつものTwincleシリーズ。
 とんがり帽子の男の子が旅をしていくほのぼのタッチの作品です。
 みていると、やさしい気持ちになれそう。

naeさん 無重力少女
 バリバリ オタアニメなのだが・・・それにPV的要素+エヴァ?風味が加わっています。

赤木虫大さん 銀河鉄道の夜に
 宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」をモチーフに写真と詩が中心のFlashなのだが、見終わった後、心にジーンと来るものがあった。

日暮里本社さん 土煙高田馬場
 有名な時代劇の話が元ネタなのだが、主人公のしぐさが観客の笑いを誘っていました。


<<第4部>>
アンタイトルさん 超絶無職ニートガイ

 タイトル通り戦闘物?なのだが、主人公がドクオ
 戦う相手が職安だったり面接官だったり・・・
 面白いネタでしたな

halcyonさん 団地妻
 一見古め(40年代?)のアニメーション風なのだが、笑いのツボははずさない(w

みやかけおさん 親子漫才 飴鞭家ジェシー&ケイト
 ああ、これがみやかけおさんの作風なんだと思った。
 新鮮なネタが命ですな。いろいろなものを敵にまわしてそうだが、壇上に上がったあの風貌ならチンピラの一人や二人は逃げていくかも(w
 あと、ひろゆき氏(西村博之 2ちゃんねる管理人)の前でひろゆき氏批判ネタをする根性に脱帽。
 
 TO:みやかけおさんへ 電車男のドラマ化等による、原作者への印税は新潟中越地震被災者への寄付に回す という記事をなんかで読んだことがある。

すなふえさん ファンキーブッタ
 牛久の大仏様を敵に回した(w
 なむネコ・・・うわっ、ギリギリだ(w
 まあ、お寺さんの中の人も大変だな と

みーやさん NIGHTMARE CITY カタストロフィー
 「ああ『また』なんだ」なんですが、躍動感とスピード感あふれる作品でした。で、本人が壇上に上がったのだが、本人もいいキャラしている(w

とろっこさん ぼくの道は金と命とアダルトビデオ 内容はハードボイルド的だが、人間味があって暖かい、良い話でした。

つかはらさん 通勤大戦争
 空中戦のドンパチと空席の奪い合いを関連付ける想像力に脱帽
 いつものレトロなタッチに空中戦のスピード感がプラスされ、惹きつけられました。

 さて、あのBGMで流れていた曲が「鉄道唱歌」だったと判る奴はどれだけいるのだろうか?
 (昔の特急の車内放送のチャイムか、品川駅の東海道線ホームの発車ベルの音を探せば、聞けると思います。)
 鉄道唱歌ネタでFlash作ろうとして5分でやめたことはここだけの話で・・・


最後にこれまでのFlash bombの歴史を振り返る内容のエンディングFlashが上映され、Flash bombの終焉を宣言。

ここで(有)パズブロック社長 長田氏が登壇し、「Flash bomb」はイベント的なケジメとして今回で終わりとし、さらにフラッシュアップしたイベントとして「/UP」として開催していくことを説明した。
Flashに限らす支援していく といった事を話していた気がするが、聞き間違いだったらスマン



ちなみに、ひろゆき氏が会場に到着したのは4時27分(27分遅刻)でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fukutetsu.blog3.fc2.com/tb.php/59-bd8aff5b
この記事へのトラックバック